背を伸ばす TOP → 背を伸ばすための基礎知識 背が伸びるしくみ

背が伸びるしくみ

背が伸びるしくみについて医学的に見てみると背骨や足などの関節付近にある骨端線とよばれる部分が増殖していくことによるものです。骨端線は骨の端にあって軟骨が骨に変化していく境目の部分です。

この境目である骨端線があれば骨は増殖して縦方向にのびていき成長することができます。しかし大人になってくると骨端線はなくなってしまうため、骨の成長が止まってしまいます。

骨端線の増殖のしくみは、古い骨が破骨細胞によって溶かされてカルシウムとコラーゲンに分解され、体の隅々まで送り届けられるようになります。

その後、破骨細胞に変わって骨芽細胞が現れてコラーゲンを原料にして鉄骨をつくり出します。つくられた鉄骨に血液によって運ばれてきたカルシウムが付着すると新しい骨になります。

これらの作業が繰り返し行われることで骨が強く長くなっていきます。ホルモンが背を伸ばすために重要だと言われているのは、細胞を活発化させて作業効率を高めるためです。

医学的には背を伸ばすためには骨端線が重要なカギを握っていて、骨端線が存在するのは通常の男性では17歳〜18歳くらいまで、女性では15〜16歳ぐらいまでと言われています。

これには体の成熟が関係していて、性ホルモンの分泌が早い時期から起こると体の成熟を促してしまい、成長期が早いうちに停止してしまうと言われています。

そのため遅く思春期を迎える人では20歳を過ぎても骨端線が残っていることが多く、さらに背が伸びる可能性があります。

背を伸ばすための基礎知識

鹿児島空港 レンタカー
http://www.dgachn.org/

ドネペジル
ドネペジルなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

スクラブ 医師
スクラブの医師なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!