背を伸ばす TOP → 背を伸ばすための基礎知識 背の高さは遺伝するの?

背の高さは遺伝するの?

背の高さについては遺伝神話が根強いため不安に思われている方も多いようです。確かに同じ条件で生活して成長すれば、背の高い両親のもとに生まれた人の方が背は高くなる可能性は高くなります。

これは骨端線の感受性が高いほど背が伸びやすくなると言われていて、両親の背が高いとその遺伝によって、ホルモンに対する骨端線の感受性が変わってくるかただと言われています。

しかし、遺伝による影響は20%程度であり、残りの80%は他の様々な要因に左右されています。この20%の遺伝の影響が大きいかどうかについては人それぞれの考え方によって違うかと思いますが、80%は背を伸ばす努力によって悩みを解決することができるのです。

子どもの背の高さは両親の背の高さの影響をうけてしまうことは少なからずありますが、両親ともに背が高いのに子どもの背が低い場合や両親ともに背が低いのに子どもの背が高い場合も多くあります。

そのため背の高さは遺伝以外の食事、睡眠、運動といった様々な日常的な条件による影響受けると考えられ、遺伝の影響よりもむしろ生活習慣の影響の方が多く受けると考えられています。

背が伸びるのは成長ホルモンが分泌されるからです。背が低い人でも成長ホルモンを注入することによって驚くほど背を伸ばすことができます。

遺伝の影響によって骨端線の感受性が鈍くなることが心配されるのであれば、その分自ら成長ホルモンの分泌を増やす工夫をすればいいのです。成長期に成長ホルモンを多く分泌させるコツをつかめば誰でも背を伸ばすことができます。

背を伸ばすための基礎知識

介護のベッド
http://www.rakuten.co.jp/auc-okasei/

オーダーカーテン 東京
http://www.monreve-japan.jp/