背を伸ばす TOP → 背を伸ばすための基礎知識 成長期とは

成長期とは

成長期とは、一般的に思春期を迎えた後3〜4年間のことをいいます。女子では小学校高学年から中学生までの時期、男子では中学生から高校生までの時期に成長期をむかえることが多いようです。

成長期には身長が急に伸びることが多く、成長期の3、4年の間に女子は12〜25センチ、男子は20〜32センチも身長が伸びるようです。

医学的には成長期は骨に骨端線が残っている時期までと言われています。骨端線とは骨の端に存在する軟骨が骨に変化していく境目の部分のことです。この軟骨と骨の境目である骨端線がある間は骨が縦方向に成長することができますが、大人になってくると骨端線はなくなってしまい骨の成長が止まると言われています。

通常の成長期は男性が17歳〜18歳、女性が15〜16歳ぐらいまでですが、思春期を迎えるのが遅いと男性も女性も20歳をすぎても骨端線が残っていることがあり、身長が伸びる可能性があると言われています。

病院で手足のレントゲンを撮ってもらうと簡単に骨端線を確認することができます。ただ撮影するだけでは場所によって判りにくいことがありますので、骨端線を確認したいと医師に伝えましょう。

骨端線がある時期、つまり成長期を有効に活用することによって背を大幅に伸ばすことができます。

そのためには思春期を遅らせてできるだけ成長期が遅く訪れるようにすると良いのですが、日本の子供たちは特に世界の中でも早熟で思春期が早く訪れると言われ、これには睡眠時間の長さが関係しているのではないかと言われています。

背を伸ばすための基礎知識

貸し会議室やトランクルームを大阪市で展開するリアライブ
http://www.rearlive.co.jp/

ダオニール
ダオニールなら医療関係者向けの製品情報サイトで!